2019年05月09日

グリンピースご飯

kikukoです。

今更ですが、今年のゴールデンウイークは長かったですね。

新谷・・・何をしていたのか。

要らない服の処分。

箪笥一竿分くらい処分。

さぞや綺麗になるかと思いきや・・・差ほど変わり映えせず。

台所の大掃除もしたかったが、出来ず。

結局・・・目に見える所をチョイチョイで終わり。

主人も休みがあるようでなかったかな。

いれば嫁に使われるもんで現場の方が良かったのかも。

草取りしたり。デッキでBBQしながら飲む。。。まったりとした休みでしたが、長すぎる。だらける。

休みの間に何度も作ったのがグリンピースご飯。

グリンピースご飯.jpeg

主人がグリンピースを沢山頂いてきたんで作りました。

いつもは多く頂いたら半分は冷凍しますが、ピースを先に塩茹でし、ご飯に昆布で出汁をとり味付けをし

炊きあがりにサッ混ぜ合わせたら、ピースの色も鮮やかで豆本来の味が引き立ち、かなりの上出来。

皆 おかわりをして食べてくれました。 食べ物って好き嫌いではなくて調理のしかたよねとシミジミ

調理の仕方と言えば。

6日は、お茶のお仲間の卒寿のお祝に日本料理屋さんでお食事。

90歳のお祝いに5名でお祝。

私が23歳で習い始めた頃の大先輩です。

姉のお友達のお母様でもあり、細かい、しきたりをこっそり教えて貰い、今思うと感謝しかないです。

ただ・・・皆さん御高齢で食が細く。 なぜか私の所に2人前みたいな状況

新谷も、もう50過ぎてます。。。そこまで胃腸が若くなにので食べ過ぎました。

もう少し私が好きなものだったらガッツリ食べれたかもね。

椀物に鯉こく。

椀物はお料理の中でも楽しみの一つ。何かな〜と開けると、鯉。

しかも品よく仕立てあるもんで、絶品まではいかず、なま臭さが口に残り残念。

天ぷらも、米粉と片栗粉の素揚げみたいなものが出てきて・・・硬い。

ゴリゴリの天ぷらでしたwa

メインのお魚は鯛。

こちらも小さい鯛を1匹焼いて 仕上げに醤油を刷毛でさっと香ばしくしてありましたが・・・

もし、私が料理人なら、包丁を真ん中に入れて中骨を取っておくね。

鯛は小骨が多いもんね。

祝の席で皆無言で、魚の骨取り

蟹たべるように無言でした

水菓子は大豆をこして固めてありました。

鯉こくなんか実家で食べていた物の方がうまし! 生姜と玉ねぎたっぷりのトロトロ

食事が終わった後の先生が用意されたお抹茶と主菓子の美味しい事。

胃が落ち着きました

食事より、会えた事に喜ばなくてはね。こんな事、思うくらいでは修行が足り取りませんね。

でも・・・皆さん、お元気で90歳でシャキーンとしてありました。

大宰府での崇敬者会館の席主も85歳で生き生きとしてありました。

こんな風に年を重ねられるなら、年取るのも怖くはないかなぁ。

自分の事は自分でやらねば!

ついつい、携帯の扱いなんか息子達に教えて貰ってるもんね。

家の片つけしていても、昔のように身体が捌けていないのが自分でも感じるんですよね。

昔はザーッと頑張れば家も直ぐ綺麗になって掃除した感が目に見えてわかっていたけど

今や、何処に時間費やしたんだろう状態だもんね。

掃除した感がないからゴールデンウイークも何していたかって感じがするんでしょう。

機敏に動かねば!








posted by 新谷建設 at 15:28| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: