2018年12月04日

学生茶道

kikukoです。

日曜日 学生茶道のお茶会があるので引率で朝5時に起きて着物着て茶道館まで

8時半に茶道館集合。 生徒より早く着いたので受付は、生徒待ち。

先にS高校が一列に並び受付にご挨拶。 待ち合いの、お軸は一挨一拶がお言葉。

外で待っているとN筑の生徒到着。 全員揃って挨拶。 鞄を肩から降ろしなさいと指摘

日ごろやっていない事は、急には出来ないのよね。

お正客は、S高校が先に到着したのでS高校の生徒。 ホッといたしましたね。

先生と少し遅れて良かったですね。

席入りは先生3人で生徒を挟んで席入り。 2席目で総勢40人近くいたと思われます。

全員の席入りが終わるとS高校の生徒さんが、本日 お正客を務めさせていただきますS高校茶道部です!

どうぞ宜しくお願い致します!とハキハキと立派に挨拶。

お手前は篠栗中学の茶道部。 中学生〜!と驚いたけど此方がまた凄かった。

お手前は運びのお手前。チャンと間違えずに堂々としたお手前。凄かったのが半東さん。

亭主のサポートをする人でお手前がある間にお道具の説明。 全て暗記しており凄い!の一言。

私ですら完璧にした事なし 中学生の力の凄いこと。

で・・・こちらの高校生。 正座を崩そうとした。 今日はキチンと正座しなさい!と注意。

普段 正座すらしない。 休んでも連絡もしない。 お手前もやる気なし。

何故 茶道部に入ったと?と聞いたら内申書の為に入っているという生徒もおり。

短気な私は常にイライラ。 あんた達のやる気のない部活に着物着て時間潰れるんだよ!と毎度怒鳴りたい気分。

中学生の見事なお手前に少しは反省しただろうか。

その後のお抹茶の出来るまでの研究発表も凄く良かった。 お茶会が終わり大宰府天満宮にテクテク歩いて行き

県民茶会に参加。 初めての聞香席も体験。 隣の男の人が説明するも意味不明。

要らぬ事、短時間でお香を覚えようとしない方が良かった。 槇立山 鴫立沢 浦の苫屋 を A B Cと説明するもんで

ん〜? って感じ。 2つの香りを聞いて 最後の3つ目が何かあてると教えればよいものの・・・

聞き筋はどちら向きですか?と尋ねると、これまた絵柄で説明。。。見えんじゃろ

結局 お茶のお香を聞く時とほぼ変わらなかった。。。 最後に筆で紙に手に乗せてお香の名前を書くんですが

チャンと暗記していないの鴫立山と書いてしまいました・・・沢でした。あとで気がつきました。

お香が終わりお濃い茶へ。。。こちらは表千家なんで気兼ねもなく席入り。お正客も決まっておりましたが・・・・

お菓子を回すタイミングが早く。 柄杓をひいてからの総礼の後の方が良かったですね。

挨拶する時に、お菓子を取るのに夢中で総礼とならずです。 お茶会の良しあしは、お正客で決まるとよく先生が言われますが、

こうゆう事だね。

お煎茶もいくつもりが、受付終了との事。 お菓子だけ頂きました。

八女の美味しいお茶をいつでも飲んでるんで興味なし。

先生が聞香席のお手前をされるもんで、博物館に行き 大倉コレクションの展示会をじっくり鑑賞。

ひとりで美術品を見れる時間が来るなんて・・・・いい時間だわ〜

なるべく旅行した時は計画に入れようとは思うけど、連れがいるとなかなかね

横山大観の夜桜は見ごたえあり

家に戻り バタンキューでした。

休みが休みにならないと身体はキツイけど心は満たされますね。

posted by 新谷建設 at 10:22| 福岡 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: