2018年11月21日

つぶらな瞳

kikukoです。

先週 無事おめめの手術をいたしました。

本当に思い切っての手術でした。

ずっとしなければと思いつつ放置していたんで、今はスッキリです。

当日は、一人で病院に行き順番待ち。

次つぎに流れるように手術待ち。。。

あまり緊張はしなかったけど身体は正直で血圧やや高め

いよいよ順番。

椅子に座ると目に布をかぶせられ、目の消毒。ゴシゴシ

お〜!!そこまで目の消毒をするんですか?状態。

その後シールがペタリと貼られた。 器具が見えないようにか動かないようにするためか。。。。

いよいよ手術が始まりと先生に指示通りに目を動かしながら、正常な膜を切除し異常な部分を切り取りそこに

正常な膜の移植。。。痛いような痛くないような我慢できるようね出来ないような。。。。

途中先生に・・・まぁまぁ痛いですと伝え続行。

音楽も流れていたんでそちらに集中。 先生の声が聞こえ安心感があり、あと何針で終わるよ〜と言う声に我慢続行。

30分くらいだったでしょうか。。。待ち合いに戻ると、お迎えが間に合わず待ちぼうけ。

どうにか無事終了し、その日はひたすら寝た。暫く時間が経つとお腹も空いたんで夕食食べて又就寝。

痛み止めは夜中1回飲んだだけ。

縫った所がゴロゴロすると言われていたけど、そこまで気にはならなかった。カナ

気になるのは、数日経ち糸が解けていくにつれ何か力が入るとブチっと糸が取れる感覚。

目にも力が入るのを実感。

今思うとよくやったね状態。 翌日は家の事をチョロリ、仕事チョロリ。

あまり目を使わないようにしようと思っていても目は開いているもんで、おめめは休まる暇なし。

最近は何か頼まれると ”目玉が飛び出ます!” と力仕事は拒否しています (笑)

経過は順調ですし痛みも全くなし。

人間の体は凄いと感心致します。

もっと前にしていたら入院するような手術だったし手術の内容も格段に進化していて、やり時だったのかも。

今まで、ここって眼科に出会いがなかったけど、本当にいい先生でした。

年取ると段々あちこちメンテが必要なんで、いい先生に出会えて良かった

来月頃には昔のつぶらな瞳になる予定(笑)

おめめパチクリだよ〜
posted by 新谷建設 at 15:05| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: