2016年12月07日

舞子さん

kikukoです。

お茶会編。

翌日は4時半に目が覚めた。

お隣の部屋に迷惑にならないように、温かい咳止めの漢方薬のんでボチボチ着物に着替えて

荷物をまとめて。。。そうこうしていると朝食の時間になり皆さんと合流して北野天満宮まで GOー!

席入りが濃い茶席と舞子さんのお席や会からのお薄席が沢山。

一日では全部回れないので主要な所を廻る。私は下っ端なんでなるべく席の順番取り。

天満宮から出てまずお薄席。こちらはまったく亭主の手元が見えない所でした。

朝食を食べたばかりなのに主菓子を沢山食べないといけないんで、朝食抜きにすれば良かったと後悔

ホテルで乾燥していたので水分取り過ぎて。。。トイレに行きたいわなんやかんやで神経が

お茶に集中出来ず。。。。トイレも貸して貰えずでした(笑)

次は舞子さんのお席。

舞子さん.JPG

舞子さんは18歳までで、その後は芸子さんになるそうです。知らんかったwa

髪飾りや髪型もしきたりがあるそうです。

とにかく綺麗でかわいい

こちらは表千家ではありませんが、華やかでしたね。早々に主人と息子達に舞子さんの写真を

メールにて送ると3人共反応がよろしゅうおした。

私も白塗りして舞子さんの格好を一度したいとぼやいたら先生にあなたは芸子ダト。

もう年齢がね ニッ

おそば席や点心席もあり楽しい一日でした。 時間がギリギリでお土産もあまり買えずでしたが

いい体験でした。

紅葉の時期で観光客も多く。お茶会だけで1000人。

ホテルも早々に予約して下さったり、ランチも中々予約がとれないお店だとか。

夕食も予約が取れない所を押さえて頂き、皆さんのお陰で非日常を楽しませてもらいました。

感謝です。 狩野永徳の絵も見れて本当に充実した2日間でした。

お茶を習うきっかけは専業主婦で暇だったので友達にお茶を一緒に習わない?と誘われ、

お姑さんに習いたいと話したら、長く続けるなら若い先生がいいと今の先生を探して貰いました。

姑は違う流派でしたが、母の所に行くと大変だからと母とは違う流派に。

実家の母も姑と同じ流派を習ったそうでお裏さんを進めましたが、何となく流れで表千家に。

表千家で良かったし、続けさせて貰って感謝しています。

長く続けるにはやはり家族の協力も必要だもんね。

京都にも何度も行かせて貰って感謝しています。

緊張も沢山するけど、これが私を成長させてくれていると思いますね。

これからは人に教えれるのを目標に精進しよう!

【関連する記事】
posted by 新谷建設 at 10:17| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | mama kikuko日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック